園の特色

ブッフェランチ(3~5歳児)


毎日、主食・汁物以外に5品のおかずを提供しています。
ビュッフェは、まわりの人の事も考えながら、食べられる分を自分で取り、一人ひとりの決断と責任を自然に伸ばす機会となります。また、ランチルームでは、マナーやエチケットを学びながら、楽しく食事をするためのルールを知り、自立心を育み、人と関わる力を養っていきます。
(栄養士、調理師が常駐しています)

フッ化物洗口(3~5歳児)

お子さまの歯を丈夫にするため、フッ化物水溶液による、うがいを行っています。

ネイティブイングリッシュ

外国人の先生が常駐しています。
お子さまの英語の耳を養うための大切な時期である0~2歳児クラスの保育に入り、生の英語の発音をお子さま方にシャワーのように浴びせていきます。

3~5歳児クラスのご希望の方へは、有料でオプションコースをご用意しています。

一時保育・休日保育

保護者様の用事やお仕事の都合がある場合には、法人独自の規定に沿って休日もお子さまをお預かりしています。
また、待機児童の長期・短期の一時保育をお受けしています。

良質体験

北海道の豊かな自然が、こども園ソレイユの保育活動のベースです。初夏には海に行き、地引網を体験します。
畑活動では、皆で野菜を育てます。
収穫したトマトなどをその場で食べたり、園に持ち帰り、給食の食材として調理してもらうこともあります。

音楽教育

ステップを一つずつ刻んで身に付ける、法人独自の「ゼロ・ワン」教育を行っています。
お子さまの力を最大限まで伸ばしていいけるよう取り組んでいます。
幼児クラス(3~5歳児)は、歌唱指導により、きれいな声で歌えるようになります。
また、器楽合奏(3、4歳児)、鍵盤ハーモニカ(4、5歳児)、鼓隊演奏(5歳児)に取り組んでいます。スパルタのように進めるのではなく、毎日少しずつコツコツ練習していきます。

発達・食育相談

法人内に「臨床スキル研究所」がありますので、発達に心配のある方は専門家に相談することができます。
また、園に栄養士や保育士が常駐しておりますので、ご心配な点は、遠慮なくご相談ください。

園の看護師

常勤看護師を配置し、目に見えない感染症や小児特有の疾病に対応しています。

モイストヒーリング

小さな怪我や擦り傷は、消毒液やキズ薬を一切使わず、洗浄とワセリンによるモイストヒーリングを行っています。
この方法により、早くきれいに治ることが分かってきましたので、園ではこの方法を実施しています。

小児救急法ライセンス(LSFA)

小児のための救急法は大人とは異なります。
職員は専門的なトレーニングを受け、全員がLSFAライセンスを取得しています。
   ※LSFAとは、【命を守るための応急手当】の略称です。