ト ピ ッ ク ス : 保育

風邪ののりきり方【保育】[保育]

 寒い冬に、お子さまが風邪をひいてしまってどうしよう、、、?と心配しておられる事と思います。

今回は、『風邪(ウィルス性感染(鼻水・喉・熱))の、のりきり方』についてです!風邪は引き始めで寒気がする時と、発熱後では違う対応が効果的です。

また、風邪を長引かせないためには、ウィルスと戦う抵抗力を高める事が大切です!
ポイントとして、、、

①お風呂に入ると、喉や鼻が蒸気で湿る事で、痰や鼻水が出やすくなり、ウィルスが外に排出しやすくなるので、つらくなければ入ると良いです!しかし、お子さまの機嫌が悪い時、高熱の時はもちろん避けて下さい。

②お子さまの場合は、寒気があっても自分で訴える事は難しいので、基本的に温かくして、汗をかいていれば着替えをこまめにしてあげて下さい。多少、あつくても少し厚着をしたり、布団を増やしたり、体を温めましょう。体を温める時は、必ず水分補給を忘れずに!

③水分は、発熱時は冷たいもの、寒気がする時は温かいもので、電解質の入ったスポーツドリンク等がおススメです!

また、家庭内感染を防ぐには、部屋の加湿をして飛沫感染を防ぎましょう!

うがいや手洗いもとても重要ですが、風邪のほとんどは飛沫感染(空気中に標ったウィルスを吸い込む事)でうつりますので、風邪の引き始めを見逃さず、感染を防ぐ為には、加湿をしましょう!

しかし、加湿をし過ぎてカビやダニが繁殖する場合もあります。

加湿器は部屋全体を加湿出来るように、また湿度はウィルスの活性が低くなり、カビも繁殖しづらい50%前後を目安にしましょう。

但し、長引かせない時のコツは、早めに病院受診をして、適切な治療を受けましょう!

カルタ遊びをしよう! 【保育】[保育]

 ひらがなに興味を持つきっかけの一つとして、カルタ遊びがあります。
 遊びの中で文字に触れることが出来、また取れた時には、嬉しく「出来た!」という達成感がひらがなの習得につながります。

 カルタ遊びには、子どもにとって多くの良い効果を得ることが出来ます。

まず、カルタにはことわざや様々な慣用句をテーマにしていることが多いので、語彙力がアップします。また、勝つためには、言葉と文字・絵を記憶する事が重要なので、繰り返し遊ぶ事で記憶力を鍛える事ができるのです。

 そして札を読まれるたびに集中して聞いて文字を探す必要があるので、知らず知らずのうちに、話を集中して聞く力が身に付くのです。

 取り札を誰よりもすばやく取る判断力や反射神経も鍛える事ができますね。

 このようにカルタ遊びには、良い効果がたくさんあり、子ども達の様々な能力を磨く事が出来ます。

 最初は、取り札の枚数を減らして簡単にして遊ぶと、子ども達も楽しみながらルールを覚えていく事が出来ます。カルタは、認知症の予防にも適しているといわれています!

お正月だけでなく、普段の遊びの中でも家族一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

子どものためになる上手なほめ方【保育】[保育]

「ほめる子育ては良い!」とよく聞きますが、その反面「ほめ過ぎは良くない。

あまりほめすぎるとおだてになってしまう」ともいわれます。子どもをほめる事で得られる効果は、

①自信がつく 
②自己肯定感を育む 
③意慾が出る 

などです。

ほめ上手になる事が子どもを育てるポイントになるようです。

では、上手なほめ方とはどうすれば良いのでしょうか。
3歳頃までは、ほめ方を気にせず、どんどんほめてあげましょう。

ただ、3歳を過ぎると、次第に言葉の意味が理解できるようになり、相手の表情や気持ちを敏感に感じ取れるようになります。

そこで、ほめる側も少し気をつけなければなりません。

例えば、「100点取ってえらいね!」など結果をほめる事は、子どもにとって「次も期待に応えないと!」というプレッシャーになってしまいます。

「ほめる=評価」にならないよう、そこまで頑張った子どもの努力や頑張った過程をほめてあげましょう。

また、「○○ちゃんに勝ててスゴイね!」など、人と比べる事もNG!やる気を燃え上がらせることは出来るかもしれませんが、スポーツなど勝ち負けの世界では、負ける事もあります。他人に勝つことがやる気の源になってしまっては、負けた時点でやる気がなくなってしまいます。

「前はあんなにボールを打てなかったのに、上手になったね」など、以前の子どもの姿と比べてほめる言葉をかけてあげましょう。

大好きな家族からほめられた時の子ども達の誇らしげな表情は素晴らしものです。

ほめ方に少し気をつけて、子ども達の自信とやる気を育んでいきたいですね。

何より、1番近くで毎日一緒に過ごす、家族にほめてもらう事で、お子さまは伸びます!

遊びで子どもの思考力を高める【保育】[保育]

以前、「語彙力が増えると知性が伸びる」のテーマで、しりとり遊びで子どもの語彙力を高める事ができるとご紹介しました。
「しりとり」を通して知らなかった言葉を知ったり、普段使わない言葉に触れることによって、語彙を増やすきっかけになります。

しかし、しりとり遊びで養われるのは、語彙力だけでなく、「拡散的思考力」も養う事が出来ます。拡散的思考力」とは、例えば「あがつく言葉、何がある?」と言われたときに、1つの事柄(条件や情報など)からいろいろな事を思いつく力の事をいいます。

しりとりをしていて、条件に合った言葉を思いつくにはたくさんの言葉を知っていないとだめですが、条件に合った言葉を思い浮かべるにはトレーニングが必要です。その考える力を養うのが、「しりとり遊び」なのです。しりとりがスムーズに出来るようになってきたら、少しレベルアップして、「しりとり」とは逆の「あたまとり遊び」も良いですよ。

例えば、ごりら→りんご→くすり→ますく のように、頭の文字を次の言葉の語尾につけるのですが、「あで始まる言葉」を見つけるよりも、「あで終わる言葉」をみつけるのは、かなり難しくなります。

一緒に遊ぶ大人も、ちょっと考えないといけません。ルールを理解すれば、日常のちょっとした合間にも、子ども達の思考力を養う遊びができますよ。

※しりとり遊びの画像有

語彙力が増えると知性が伸びる【保育】[保育]

最近聞こえてくる会話の中には、「マジで」「ヤバい」など便利な言葉が多くなっていますね。これらの単語は、時としてネガティブにもポジティブにも使える便利な言葉です。しかし、これらの言葉に頼り過ぎていると語彙力(ボキャブラリー)は、どんどん下がっていってしまいます。語彙力を増やすことは、会話の表現や説明力に直結し、知性を伸ばすことにつながります。子ども達の語彙力を高めるためにも、まず小さい頃から、理解しやすい言葉、発しやすい言葉をはっきりと口を動かして話しかけてあげましょう。

例えば、当法人では0歳児から「英語を聴き取る能力」を育て、子ども達が正しい発音で英語が話せるように、ネイティブイングリッシュシャワーを毎日かけ続けています。人間は自分の聞き取る事の出来る言葉しか発音できないと言われているので、英語の音を聞いてこなかった私たちが英語の発音に大変苦労してしまうのです。日本語でも同じこと。3歳までにたくさんの音を聞かせる事で、日本語耳が育ち、様々な音を聞き分けられて使えるようになるのです。子ども達の語彙力アップにつながる効果的なものは絵本です。

赤ちゃんには擬音語など音の面白いものがお勧めです。「もこもこもこ」などの絵本は、「もこっ」「プクっ」「パーン」など様々な音が表現されています。また、年齢が上がってきたら、かるた遊びやしりとり遊びなどで楽しみながら語彙力を高める事が出来ます。子どもは遊びの中で学んでいくことが一番です。言葉遊びの中にダジャレがありますが、これも同音異義語を知ることが出来、例えば「カエルが帰る」「ねこがねころんだ」など、同じ音でもいろんな言葉がある事を教えてあげるのも良いですね。楽しく遊びながら、子ども達とたくさん会話をしていくことが語彙力アップに効果的といえます。

気になる子どもの音痴【保育】[保育]

人が歌っているのを聞いて、違和感があったり、音程がずれていたり、テンポが違うと感じる事がありますね。

また、「音痴で人前で歌うのが恥ずかしい」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?同じような事が子どもの歌う様子からも見られることがあります。

一言で「音痴」といっても、傾向は様々です。まずリズムが合わせられないリズム音痴、伴奏からずれて歌が遅れていくテンポ音痴、音程そのものが外れてしまう音程音痴です。音痴になる原因には、聴覚性のものと運動性のものがあります。

聴覚性とは、聴いた音を正しく捉えられていない為に正しい音程で歌えません。運動性とは、正しい音程で歌っているつもりでも正しい発声が出来ていないというものです。

子どもの場合、未発達なところもありますが、聴覚性と考えられる場合、聞き取り能力に原因があるため、まずは聴力に問題ないかを検査するなどし、医療的な対応が必要となります。運動性のものは、普段から音楽に触れる機会を設ける事が大切です。

リズム音痴の場合、歌と一緒に踊ったり、手拍子をする事で身体にリズムを刻む事ができます。少しでも出来たらほめる事、またリラックスできる環境を作ってあげることが大事です。また、音程が取れない子には正しく発声する事が効果的といわれています。

「ブーブー・メ―メ―・わんわん」などの擬声語や「ザーザー・ゴロゴロ」などの擬音語を口の開け方に注意して声を出していくとよいです。当法人では、専門の講師による歌唱指導を幼児クラスから行っています。

子どもの年齢に合った音程の曲を選曲し、発声の仕方や歌詞のイメージを理解して表現豊かに歌っています。

小さなころから、本物の音楽に触れ、音を聴き取る能力を高め、きちんと発語することによって、きれいな歌声になるように取り組んでいます。

感性を司る右脳【保育】[保育]

脳には、右脳と左脳があり、それぞれ役割が違います。左脳は主に計算力や言語など主に理論的な考えや分析をする役割があり、右脳は考える力や判断力、感情やひらめきなど感覚を司る部位です。

右脳を鍛えると暗記力のアップや想像力が豊かになり芸術的な発想力が高まります。また、出来るだけ脳が完成する3歳までに鍛えると良いと言われています。では、右脳を鍛えるにはどのようにすればよいのでしょうか?効果的に鍛えるポイントは、「子どもが好きな事から始める=楽しく行う」、という事が大切です。鍛える方法としては、まず「絵本の読み聞かせ」です。

テレビやスマホの動画は、見たままの情報が一方的にそのまま入ってくる受け身の状態なので、想像力をあまり必要としません。絵本では、文字や場面の絵を見ながら、頭の中でお話しをイメージし、自分で想像できる能力を鍛えることができます。

また「音楽」を使って右脳を活性化する方法もあります。クラッシックを流すのも良いですが、言葉が分かりだす小さな子ども達であれば、童謡などお話しが想像できる歌も効果的です。

例えば「いぬのおまわりさん」や「おもちゃのチャチャチャ」など、簡単な歌であれば読み聞かせと同じで、歌の内容をイメージして楽しむことができます。私たちが身体を動かす時、左半身を動かすと右脳が作用し、右半身を動かすと左脳が作用しています。

左手は右脳に直結している部位なので、意識して左手を使う事も右脳が活性化します。

左利きにしなくてはいけない!ということではなく、楽器の演奏でピアノなどは左手も使いますね。

また、赤ちゃんであればおもちゃを左手に持たせてみる、少し大きな子であれば、左手で簡単な△や〇の図形を描いてみる等、これだけでも刺激が脳に伝わっていきます。

3歳を過ぎていても大丈夫!右脳は何歳からでも伸ばす事が出来ます。大切な事は、無理に行うのではなく、楽しく継続的に続けるという事が大事です。

楽しみながら左脳を 鍛えよう!【保育】[保育]

 脳には左脳と右脳があり、それぞれに役割が違います。
 左脳は、思考力や論理的に状況を把握する事に関係しており、右脳は、感情や感性など五感に関係している脳です右脳も左脳もどちらも大切ですから、バランスよく働くように鍛える事が大切です。

左脳を鍛えようと思ったら、一番良い事は、何かを一生懸命考える事。大人ならば、買い物の時におつりを頭で計算する、今日する事を頭の中で整理する、など頭をフルに回転させる事で左脳は鍛えられます。では、子ども達はどうすればよいのでしょうか?

昔から楽しんでいるゲーム遊びが良いと言われています。例えば、将棋やオセロゲームは、相手の手を読んで小さな駆け引きを考えなければなりません。この遊びは、頭の中に盤をイメージして、相手の手を読む事には右脳を、ルールやコマの動きを理解するのには左脳を使うので、脳を鍛えるにはとても良い遊びですね。

また、トランプのババ抜きなども駆け引きが必要となるので、左脳をたっぷり使います。子どもだけでなく、大人もみんなヒヤヒヤしながら、一生懸命考える事で脳を楽しく鍛えましょう。

脳を活性化させる楽器演奏について【保育】[保育]

 楽器演奏は、指を器用に動かしてメロディーを奏でる、身体全体でリズムを感じる、また感情豊かに表現するなど、子ども達の成長にとてもよさそうですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

楽器を演奏する時の手指を細かく動かしたり、左右違う動作を同時に行ったりする事が脳内の運動をつかさどる部分が発達すると言われています。

また、情報を一時的に記憶しながら処理する能力「ワーキンメモリー」も発達し、この能力は会話や思考力にも関係し、注意力や計画力の発達にもつながります。

まわりの音やリズムを聞きながら演奏するという事は、脳内ネットワークの活性化も促されます。当法人では、幼児から様々なリズム合奏や鍵盤ハーモニカ、合奏、鼓隊と、年齢に合わせた音楽活動に取り組んでいます。無理な練習や、スパルタ的な指導は不安をあおり、子どもにストレスを与えてしまいます。上手に演奏する事が大事ではなく、一人ひとりの子どもが理解し、楽しみながら、また出来たという達成感を感じられるように日々少しずつ取り組んでいます。

また、発表会前の詰め込んだ練習ではなく、継続的な積み重ねが、子どもの脳を日々刺激し、より良い成長を促すと考えています。

脳を活性化させる楽器演奏【保育】[保育]

楽器演奏は、指を器用に動かしてメロディーを奏でる、身体全体でリズムを感じる、また感情豊かに表現するなど、子ども達の成長にとてもよさそうですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

楽器を演奏する時の手指を細かく動かしたり、左右違う動作を同時に行ったりする事が脳内の運動をつかさどる部分が発達すると言われています。

また、情報を一時的に記憶しながら処理する能力「ワーキンメモリー」も発達し、この能力は会話や思考力にも関係し、注意力や計画力の発達にもつながります。

まわりの音やリズムを聞きながら演奏するという事は、脳内ネットワークの活性化も促されます。当法人では、幼児から様々なリズム合奏や鍵盤ハーモニカ、合奏、鼓隊と、年齢に合わせた音楽活動に取り組んでいます。

無理な練習や、スパルタ的な指導は不安をあおり、子どもにストレスを与えてしまいます。

上手に演奏する事が大事ではなく、一人ひとりの子どもが理解し、楽しみながら、また出来たという達成感を感じられるように日々少しずつ取り組んでいます。

また、発表会前の詰め込んだ練習ではなく、継続的な積み重ねが、子どもの脳を日々刺激し、より良い成長を促すと考えています。