ト ピ ッ ク ス : 医療

虫よけに ついて【医療】[line]

虫よけ剤の主成分には「ディート」と「イカリジン」の2種類があります。
ディート含有の虫よけは、含有率が高いほど予防効果も高いですが、6ヶ月未満の乳児への使用は不可、6ヶ月以上2歳児未満は1日1回、2歳児から12歳未満は1日3回までと使用回数が決められています。

しかし、近年TVCMやネット等でもイカリジン主成分の虫よけが発売され、使用に際しての年齢制限などがなく、皮膚への刺激も優しいとされています。イカリジンは含有率5%から30%と表示されているものがありますが、お子様への使用は5%で充分効果があります。

虫よけスプレーやミスト状の虫よけは、呼吸とともに吸い込んでしまう可能性があります。

確実な方法は、大人の手のひらに一旦薬剤をスプレーしてよくなじませて皮膚に塗ってあげるのが一番安全な使用方法です。

帽子や服には、あらかじめ吹き付けておくのも効果的です。虫よけスプレーミスとの効果の持続時間は3~4時間です。しかし、イカリジンの効果が認められているのは、蚊やブヨ、アブ、マダニの4種類だけで、ディートでは虫よけ効果が認められたノミやイエダニ、トコジラミ、サシバエには効果が確認されていいデータもあります。

今年は猛暑の為、降水量が少ないので、干上がるだけなので、幼虫が死んで、蚊等が少ないと言われている事が救いですが、お子さまは、噛まれて掻く事でとびひにもなりますので、お気を付け下さいね!

もし、噛まれた時は、患部を流水で洗って清潔にし、皮膚の表面に残った毒を洗い流したら、冷たいタオルやアイスノンで患部を冷やしてあげましょう。かゆみが抑えられ、掻きむしりを防ぐことにつながります。

子どもの夜中の咳対策【医療】[line]

夜中に激しい咳こみ、心配になりますね?ご家庭で出来る、咳を鎮める対策のポイントです!

①加湿を行う。目安は60~70%になるようにして下さい!簡単な加湿方法は、①濡らしたタオルを干す
②顔の近くに濡らして絞ったおしぼりを置く
③マスクをつけて寝る(口の中の湿度が保たれる)
②お水を飲ませる。飲むと、喉にたまった痰や鼻水がやわらかくなり、のみこみやすくなったり、痰が切れやすくなります。また、少しずつ飲ませてあげて下さい。眠っていても与える事が出来ます。
③朝方に室温を上げる。朝の日の出直前が1番冷えると言われていて、乾いた空気や冷たい空気に触れる事で気官が刺激をうけて、咳こみやすくなる事もあります。朝4時頃に室温を上げて下さい。
④寝具を清潔にする。ほこりやダニの死骸等で原因が咳を引き起こす事があります。アレルギー性や感染症の咳も外部からの刺激に敏感に反応します。布団を干したり、掃除機で吸う等、きれいにして下さい。

感染症対策【医療】[line]

これからの季節、感染症が気になりますよね!冬になると流行するインフルエンザは、飛沫感染で、咳やくしゃみによって空気中に排泄されたウィルスを吸い込む事によって感染します。また、嘔吐下痢症、ノロウィルスは、接触・経口感染によるものが多く、手指・食品・食器・器具・感染者等を介して、感染します。バランスの良い食事、十分な休養・睡眠、適度な運動、体を清潔に保つ事など、もしも病原体を取り込んでしまっても、感染症とたたかえる健康な体をつくることも感染症を防ぐ大切なことです。

予防として

  • ①しっかりと手を洗う。
    特に排泄時に手の汚染が、感染源となり、手洗いが不十分だと食品等を触る事でそこにいる他の人に感染してしまいます。特に調理や食事の前には石鹸(泡タイプおすすめ)で十分に手を洗います!タオルは共用せずに、ペーパータオルを使います。
  • ②手洗いをしていない手で、口、鼻、眼に触る事を控えます。
  • ③これからの季節は、出来るだけ混雑した場所へ行く事を避けます。
  • ④咳やくしゃみの症状がある時は、人混みに出るのを避けます。
    どうしても人混みに出掛ける時は、マスクを着用して、感染源とならない事です。
  • ⑤窓を開けて空気の換気をします。最後に、インフルエンザ予防接種も感染を防ぐ、感染しても軽症で済むという有効な方法です。乳幼児期は多くの定期の予防接種が実施されていますので、接種年齢・時期を忘れずに接種して下さい。

小児遠視【医療】[line]

10月10日は目の愛護デーです。近年、子どもの視力低下の割合が年々増加傾向にあります。しかし、子どもの視力異常を発見する機会が少ない事から、小学校の就学前検診や就学後に弱視(近視や遠視等)と診断される事が多くあり、気づいた時は手遅れになる事もあります。「近視」は近くに焦点が合うため、遠くは見えにくいですが、近くは見えています。それに対して小児の「遠視」は遠くにも近くにも焦点が合うところがなく、遠くも近くもはっきりと見えず、近くに来れば来るほど見えにくくなるという状態です。生まれた時からその状態でそれが普通であるために、視力が出ていなくても自分から見えにくいと訴える事はあまりなく、発見が遅れるのです。はっきりものが見えない状態のままでいると、物を見る力が育ちにくくなります。物を見る力は8歳くらいまでの間に決まりますので、そこまでの間にはっきりと物を見られる状態を作ってあげないと、その後はいくら眼鏡を強くしても視力が出ない、つまり「弱視」となってしまいます。「遠視」の場合、少なくとも視力がきちんと育ち、弱視となる可能性が少なくなるまでは眼鏡をかけておく必要があります。その後は、遠視の程度によっては眼鏡が不要になる事もあります。「遠視」の早期発見のためには、子どもの日常生活の様子をよく観察する事が重要です。

・眼が疲れやすい
・落ち着きがない
・飽きっぽい 
・時々見えにくそうにする
・内斜視(寄り目)になる

などの症状が見られたら、早めに眼科を受診し、早く治療ができる事が大切です。

“大五京”では、全施設の年長組は眼科検診、年少組より視力検査や色覚検査を行い、小児遠視、弱視の発見に努めています。

あせも【医療】[line]

おでこや首まわり、お尻など皮膚のすれやすいところに赤い小さなブツブツや水ぶくれが、“あせも”です!
6月~9月の夏にかけて多く見られます。子どもは、体表面積が大人よりも狭いので汗の腺の密度が大人と比べると新生児で12倍、1歳児で8倍も高いと言われています。
放置するとかゆみが出て、湿疹やとびひになってしまうこともあるので早めに治すことが大切です。
予防する為に1番大切なことはやはり!汗をかいたらタオルやガーゼでこまめに拭いてあげる事、シャワーで流してあげる事で、出来かけていたあせもが悪化せず治す事が出来ます!
炎症を起こしてかゆみが強く出てしまう時は、悩まずに皮膚科か小児科へ受診して大丈夫です!

熱中症予防 水分補給 その②【医療】[line]

水分補給のポイントその②
1.水分補給の回数を増やしましょう~小さい子どもは、熱が体にこもりやすいため、水分が不足すると、めまいや発熱などの症状を
招きます~
2.少しずつ飲みましょう~飲みすぎは、消化能力を低下させて食欲不振を招きます~
3.甘い飲み物を避けましょう~食事やおやつの時間以外の水分補給は、「水」「お茶」を選びましょう。
上手な飲み方で、元気に夏を乗り切りましょう!

熱中症予防 水分補給 その①【医療】[line]

水分補給のポイントその①
乳幼児期は人体の水分の割合が最も多く、体重の新生児で約80%、乳幼児で70%が水分で、人間の体内は大量の水が循環して生命を維持しています。水分損失率が1%ではのどの渇きを感じ、2%で脱水症状、ぼんやりする、10%で失神、20%で生命に危険が及びます。子どもの水分摂取量や尿の排泄状態、唇の渇きなどに、大人が注意を払い、早めに水分補給をする事がとても必要です。特に元気がなくなったり、急に発熱したりする時は、脱水状態の場合もあります。
暑さで失った水分はのどの渇きを感じる前に補給する事が重要で、のどの渇きを感じたら、脱水状態の一歩手前・・・。夏季はこまめに水分をとるように心がけましょう。

熱中症に 注意!【医療】[line]

暑い日の熱中症・・・。乳幼児のお子さまは体温調節も大人と違い、未発達で体に熱もこもりやすいです。真夏の炎天下の車の中は5分後には警戒、15分後には危険レベルに達します!車でお出かけの際、必ずお子さまに注意してあげて下さいね!

虫よけに ついて その②【医療】[line]

虫よけスプレーやミスト状の虫よけは、呼吸とともに吸い込んでしまう可能性があります。そのため、大人の手のひらに一旦薬剤をスプレーしてよくなじませて皮膚に塗ってあげるのが一番安全な使用方法です。 帽子や服にあらかじめ吹き付けておくのも効果的です。効果の持続時間は3~4時間です。

虫よけに ついて その①【医療】[line]

虫よけ剤の主成分には「ディート」と「イカリジン」の2種類があります。ディート含有の虫よけは、含有率が高いほど予防効果も高いですが、6ヶ月未満の乳児への使用は不可、6ヶ月以上2歳児未満は1日1回、2歳児から12歳未満は1日3回までと使用回数が決められています。しかし、昨年より新たにイカリジン主成分の虫よけが発売され、使用に際しての年齢制限などがなく、皮膚への刺激も優しいとされています。イカリジンは含有率5%から30%と表示されているものがありますが、お子様への使用は5%で充分効果がありますよ。