ト ピ ッ ク ス:保育

風邪ののりきり方【保育】[保育]

 寒い冬に、お子さまが風邪をひいてしまってどうしよう、、、?と心配しておられる事と思います。

今回は、『風邪(ウィルス性感染(鼻水・喉・熱))の、のりきり方』についてです!風邪は引き始めで寒気がする時と、発熱後では違う対応が効果的です。

また、風邪を長引かせないためには、ウィルスと戦う抵抗力を高める事が大切です!
ポイントとして、、、

①お風呂に入ると、喉や鼻が蒸気で湿る事で、痰や鼻水が出やすくなり、ウィルスが外に排出しやすくなるので、つらくなければ入ると良いです!しかし、お子さまの機嫌が悪い時、高熱の時はもちろん避けて下さい。

②お子さまの場合は、寒気があっても自分で訴える事は難しいので、基本的に温かくして、汗をかいていれば着替えをこまめにしてあげて下さい。多少、あつくても少し厚着をしたり、布団を増やしたり、体を温めましょう。体を温める時は、必ず水分補給を忘れずに!

③水分は、発熱時は冷たいもの、寒気がする時は温かいもので、電解質の入ったスポーツドリンク等がおススメです!

また、家庭内感染を防ぐには、部屋の加湿をして飛沫感染を防ぎましょう!

うがいや手洗いもとても重要ですが、風邪のほとんどは飛沫感染(空気中に標ったウィルスを吸い込む事)でうつりますので、風邪の引き始めを見逃さず、感染を防ぐ為には、加湿をしましょう!

しかし、加湿をし過ぎてカビやダニが繁殖する場合もあります。

加湿器は部屋全体を加湿出来るように、また湿度はウィルスの活性が低くなり、カビも繁殖しづらい50%前後を目安にしましょう。

但し、長引かせない時のコツは、早めに病院受診をして、適切な治療を受けましょう!

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。