ト ピ ッ ク ス:保育

子どものためになる上手なほめ方【保育】[保育]

「ほめる子育ては良い!」とよく聞きますが、その反面「ほめ過ぎは良くない。

あまりほめすぎるとおだてになってしまう」ともいわれます。子どもをほめる事で得られる効果は、

①自信がつく 
②自己肯定感を育む 
③意慾が出る 

などです。

ほめ上手になる事が子どもを育てるポイントになるようです。

では、上手なほめ方とはどうすれば良いのでしょうか。
3歳頃までは、ほめ方を気にせず、どんどんほめてあげましょう。

ただ、3歳を過ぎると、次第に言葉の意味が理解できるようになり、相手の表情や気持ちを敏感に感じ取れるようになります。

そこで、ほめる側も少し気をつけなければなりません。

例えば、「100点取ってえらいね!」など結果をほめる事は、子どもにとって「次も期待に応えないと!」というプレッシャーになってしまいます。

「ほめる=評価」にならないよう、そこまで頑張った子どもの努力や頑張った過程をほめてあげましょう。

また、「○○ちゃんに勝ててスゴイね!」など、人と比べる事もNG!やる気を燃え上がらせることは出来るかもしれませんが、スポーツなど勝ち負けの世界では、負ける事もあります。他人に勝つことがやる気の源になってしまっては、負けた時点でやる気がなくなってしまいます。

「前はあんなにボールを打てなかったのに、上手になったね」など、以前の子どもの姿と比べてほめる言葉をかけてあげましょう。

大好きな家族からほめられた時の子ども達の誇らしげな表情は素晴らしものです。

ほめ方に少し気をつけて、子ども達の自信とやる気を育んでいきたいですね。

何より、1番近くで毎日一緒に過ごす、家族にほめてもらう事で、お子さまは伸びます!

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。