ト ピ ッ ク ス:食育

はちみつは赤ちゃんに危険です について【食育】[食育]

はちみつは、栄養価が高く、身体に良い食材であると思われますが、1歳児未満の赤ちゃんにとっては、非常に危険な食材であるとご存知でしょうか?
以前、はちみつを混ぜたジュースを飲んだ1歳未満の赤ちゃんが乳児ボツリヌス症を発症して死亡した事例がありました。

大人が食べても特に問題のないはちみつですが、なぜ赤ちゃんは危険なのでしょうか?

それは、腸内環境や免疫力が違うからです。赤ちゃんは免疫力が弱く、腸内環境が整っていないので、お腹の中でボツリヌス菌が繁殖してしまうのです。

1歳以上になれば、腸内環境が整ってきて身体が、はちみつのボツリヌス菌に勝てるようになりますので、食べても大丈夫!ですが、「1歳未満でも加熱したら大丈夫なのでは?」と思っている方もいると思います。

確かに食中毒を防ぐには加熱する事が大事ですが、ボツリヌス菌は通常の加熱では死滅しません。

100℃ではどんなに長時間加熱してもダメ!ボツリヌス菌を死滅させるには、120℃で4分以上の加熱が必要であり家庭での調理では死滅出来ません。ですから、加熱するから調味料として離乳食にいれる!という事も、決してしてはいけません!加工食品の成分表にも要注意!はちみつは、健康効果がたくさんある食材ですが、大切な赤ちゃんの命を守るためにも、必ず1歳を過ぎてから摂取して下さい!!

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。