ト ピ ッ ク ス:絵本の紹介

あかちゃんごたどり【絵本の紹介】[絵本の紹介]

お昼のテレビでも紹介された最近話題の絵本です。赤ちゃんが言いやすいオノマトペを選んで、絵本の中で登場しています。
つまり、この絵本を赤ちゃんに読み聞かせるだけで、赤ちゃん言葉で語りかけることができるのです!お子さまにとって良い所はこんなところです。

 ・赤ちゃん言葉による語りかけで、言語発達に良い影響を与えられる。
 ・読み手の大人は、より良い言葉をセレクトすることにつながる。
 ・聴くだけでなく、絵本を触れることで興味を持てる内容になっている。

お子さまの言葉の発達には、そのお子さまの発達水準にあった言葉がけや、言葉の簡単なキャッチボールが大切です。

しかし、幼い年齢、特に乳児期において、どのような言葉がけが良いのかはなかなか判断が難しいでしょう。

そんなときは、このような絵本が助けてくれます。また、この絵本のすごいところは、「赤ちゃん言葉」だけではありません。絵本を手に取って触るとわかるでしょう…。指先で触れてみると、所どころザラザラとしています。読み聞かせてもらうときに、赤ちゃんがこの絵本に触れることで、聴覚や視覚だけでなく、触覚にも適度に刺激を受けながら注意を向けることができることがわかるでしょう。

さまざまな感覚を通して、集中して物事を考えることができ、そのような良い体験の積み重ねが発達を促すことにつながります。

対象年齢:0歳~2歳 税込1,382円 17 x 17 x 1.8 cm 出版社:主婦の友社

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。