ト ピ ッ ク ス:line

雷から身を守ろう【保健】[line]

雷鳴が聞こえる、雷雲が近づく様子があるときは、雷が差し迫っています。まだまだ、台風が日本上陸を予想されている事が続きます。外で遊んでいたら、急に天気が悪くなってゴロゴロという音が、、、雷は、あっという間に近づいてきます。
音が聞こえたらすぐに避難しましょう。雷は場所を選ばず、落ちます。近くに高いものがあるとこれを通って落ちる傾向があり、グランドや屋外プール、堤防や砂浜、海上などのひらけた場所や、山頂や屋根の高いところでは、人に落雷しやすくなりますので、早く安全な空間に避難しましょう。

雷から身を守る3つの約束は、、、

① 屋内に避難する→鉄筋コンクリート建築、自動車(オープンカーは不可)、バス、列車の内部は比較的安全な空間です。また、木造建築の内部も基本的に安全ですが、全ての電気器具、天井・壁から1m以上離れれば更に安全です。

② 屋外の保護範囲に避難する→高さ5m以上30m以下の高い物体(建物、塔、煙突、クレーン等)があれば、てっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れた場所で足を揃えてしゃがんでいれば比較的安全です。
両足をそろえてひざを曲げ、前かがみで頭を下げて低い姿勢になる。そのときに地面に手をついたり、寝転がったりしない

③ 傘や釣り竿、バットなど長いものを持たない、高く掲げない

④ 木や電柱、煙突など高いものから離れる→高い木には落雷しやすい。木に落ちた雷は幹や枝を伝わって、人にすぐに伝わります。幹に寄りかかって雨宿りするのは、大変危険で木のそばからは2m以上離れて下さい。
ゴム靴やビニールのレインコートを身に着けていても、安全ではないと言われています。

いつどこで、落雷が起きるかもしれません。子どもは光や音にびっくりしてパニックになる事もあります。大人が落ち着かせ、的確な判断を行い、身を守りましょう。

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。