ト ピ ッ ク ス:line

とけいのほん①【絵本の紹介】[line]

「時計」を題材とした絵本です。
「時計」の理解は、生活をしていく上ではとても基本的で大切なことです。
しかし、他の生活習慣と比べると、普段の生活経験から自然と理解することは難しいでしょう。

「この針がこうなったら〇〇時」というように学びを積み重ねる必要があります。
お子さまにとって良い所はこんなところです。

 ・「時間」という概念を最初にわかりやすく教わりやすい内容になっている。
 ・幼児の「時間」を意識し始めた時期に読むと理解しやすい。
 ・「〇〇時」「〇時半」といった、大まかなわかりやすい時間を扱った内容になっている。

「時計」の理解は、小学校に上がってから苦労するお子さまが少なくありません。
早い時期に、苦手意識が定着しないように安心しながら学びを深める必要があります。
お子さまの理解度に合った時期に、楽しみながら読んであげて下さい。

対象年齢:3、4歳~7、8歳  税込972円  20.8 x 19.3 x 0.8 cm  出版社:福音館書店

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。