ト ピ ッ ク ス:line

食中道に要注意【食育】[line]

今の季節、食中毒に要注意です。食中毒とは、病原性の細菌やウイルスに汚染された飲食物を摂取することによって起こり、多くは、急性の胃腸障害(嘔吐、腹痛、下痢などの症状)を起こします。食中毒症状を少しでも軽減する事が出来る食べ物は・・・

・ニンニク・・・スタミナ食と有名なニンニクで、殺菌作用にも優れており、食中毒の原因となる0-157等も殺菌できるほどの強力なパワーがあると言われています。また、殺菌効果だけでなく滋養強壮に効く成分が含まれておりますので、免疫力を高めて、食中毒になりにくい効果もあります。

・梅干し・・・殺菌効果があります。梅干しに含まれている酸が秘訣でクエン酸をはじめとしてたくさんの酸が含まれていて、食中毒の原因菌を弱める作用があります。

食中毒になりやすい食べ物は・・・生肉、刺身や牡蠣などの魚介類、また生野菜でも汚染されていれば感染します。長時間、常温で寝かせたカレーやシチューも菌やウイルスが増殖しやすく、食中毒になります。発酵保存食や真空パックでも製造過程で 酸素がないところで増殖する菌が入り込んでしまえば食中毒の原因となります。75度で1分以上加熱をすると食中毒の発症率を下げる事が出来ますので、極力、非加熱での摂取は控えて下さい。食中毒を予防するためには、「菌をつけないこと」「増やさないこと」「やっけること」が大切です。

・火を通す(食品の中心温度 75度で1分以上の過熱)   ・予防効果のある食材を取り入れる   
この2つを意識して食中毒シーズンを乗りきりましょう。あと、手洗いと殺菌も忘れずにして下さい。

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。