ト ピ ッ ク ス:line

虫よけに ついて【医療】[line]

虫よけ剤の主成分には「ディート」と「イカリジン」の2種類があります。
ディート含有の虫よけは、含有率が高いほど予防効果も高いですが、6ヶ月未満の乳児への使用は不可、6ヶ月以上2歳児未満は1日1回、2歳児から12歳未満は1日3回までと使用回数が決められています。

しかし、近年TVCMやネット等でもイカリジン主成分の虫よけが発売され、使用に際しての年齢制限などがなく、皮膚への刺激も優しいとされています。イカリジンは含有率5%から30%と表示されているものがありますが、お子様への使用は5%で充分効果があります。

虫よけスプレーやミスト状の虫よけは、呼吸とともに吸い込んでしまう可能性があります。

確実な方法は、大人の手のひらに一旦薬剤をスプレーしてよくなじませて皮膚に塗ってあげるのが一番安全な使用方法です。

帽子や服には、あらかじめ吹き付けておくのも効果的です。虫よけスプレーミスとの効果の持続時間は3~4時間です。しかし、イカリジンの効果が認められているのは、蚊やブヨ、アブ、マダニの4種類だけで、ディートでは虫よけ効果が認められたノミやイエダニ、トコジラミ、サシバエには効果が確認されていいデータもあります。

今年は猛暑の為、降水量が少ないので、干上がるだけなので、幼虫が死んで、蚊等が少ないと言われている事が救いですが、お子さまは、噛まれて掻く事でとびひにもなりますので、お気を付け下さいね!

もし、噛まれた時は、患部を流水で洗って清潔にし、皮膚の表面に残った毒を洗い流したら、冷たいタオルやアイスノンで患部を冷やしてあげましょう。かゆみが抑えられ、掻きむしりを防ぐことにつながります。

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。