コカリナクラブ

興味のあるお友だちは、一度コカリナの演奏を聴きに来てね!

コカリナは、元々“桜の木でできたオカリナ”と呼ばれていた笛で、 指をパタパタと動かしながら演奏します。
木の種類、指の動き、息の出し方によっても音色が異なります。そんな楽器を用いて、音楽に触れていきます。
自然の中で授かった楽器の音楽は、直で人の心に染み込みます。
完成を高め、優しい気持ちで演奏し、表現力を身に付けていきましょう。

月1回、土曜日にコカリナ工房にでかけ、自然の中で、音や風を感じながらコカリナを演奏しています。

活動日

木曜日

活動時間

16:20~17:20

顧問

コカリナ工房 中村 重郎

クラブ員の声

「初めは指を覚えるのが難しかったけど、色々な曲を吹けるようになったので、これからも練習頑張ります。」
「重先生(コカリナ工房)のところに行って、みんなで吹くのが楽しいです。」

コカリナクラブの新着情報

>>コカリナクラブの新着情報を読む