What's New : 釣りクラブ

【釣りクラブ】今回の釣りクラブの活動は、福井県で活動しました。[クラブ活動報告]

今回の釣りクラブの活動は、福井県で活動しました。
まず、準備をします。みんな準備が早く出来るようになってきました。
分からないところを聞いたり、教えてあげたりとお互いが協力して準備に取り組みました。
準備を整えていざ、釣りを開始!
「ゴカイ」「イソメ」等の虫の餌やオキアミを使い、釣りをしていきました。

午前中は、あまり多くの魚を釣ることは出来ませんでしたが、「静かにしないと魚が来ないんだよ」「もう少し深くに針を落とそう」「あそこでさっき釣っていたからあの場所に移動しよ!」などと、
子どもたち自身で試行錯誤しながら釣りをしていました。

お昼ご飯を食べ、午後からは全員が魚を釣ることが出来ました!
魚を釣った後も、魚が餌を飲み込んで針が取れなくなっているかどうかを確認し、
手で針を取れなければ、針はずしを使って針をとります。どのように針はずしを動かせば針がはずれるか考えながら針をとる姿も見られました。

今回の活動で今年の釣りクラブは最後となります。
来年度も、今年度学んだことを忘れずに、自分の力で釣りを出来るように頑張っていきましょう!

池田・宮脇


【釣りクラブ】福井県の三方五湖で活動を行いました。[クラブ活動報告]

今回の釣りクラブの活動は、福井県の三方五湖で活動を行いました。
釣りの準備では、「これ次どうするんやった?」「サルカン付けるのはこうするんやったっけ?」と確認して準備に取り掛かることが多々ありました。
しかし、やり方を少し教えることで、「あー!そうやった!」と、やり方を思い出し準備に取り掛かっていきました。

久しぶりの福井県で、久しぶりにゴカイやイソメ等の虫を使って釣りを行いました。「虫すごい動いてる」「触りたくない…」と、経験者の釣りクラブの子どもたち。
付け方も針が隠れるように余分なところは切ったりとしっかり付けることができていました。
今年初めてのゴカイやイソメを見た子どもたちは、「すごい!動いてる!」と触ることに躊躇いがありながらも、虫のエサを針に付けることができていました。
次回は針が見えなくなるように練習していきましょう。

今回はイシダイの群れが来ており、エサを入れるとすぐに食いついてくるので、みんな大漁でした。
魚はイシダイ、タイ、スズキ、カワハギ、コチが釣れました。
次回で今年の釣りクラブ最後となります。
今まで学んできたことを活かし、釣りを楽しみましょう。

池田・宮脇・有吉

【釣りクラブ】今回は釣りクラブ合宿を行いました![釣りクラブ]

今回は釣りクラブ合宿を行いました!

まず1日目は、釣り場に到着後、釣りの準備をし全員が準備を整えてから、釣りを開始しました!
「今日、釣れた魚はみんなの夕食になるよ!」と伝えると、「じゃあ、みんなで頑張って釣ろう!!」と、やる気十分の子どもたち。
釣り始めはなかなか魚を釣り上げることが出来ませんでした。しかし、繰り返し竿に餌をつけて海に垂らし魚釣りを頑張っていました。
すると、サバがだんだんと釣れるようになり、子どもたちも釣れたことに喜んでいました。
サバは痛みやすいため、持ち帰って本日の夕食で食べることが出来ませんでしたが、他にもいろいろな魚を釣り楽しんで活動していました。
1日目の成果はグレ、ベラ、エフナ、イシダイ、サバ、ふぐでした。

そして、釣り場から宿泊先のコテージに移動し、早速夕食作りを始めました。
夕食のメニューは、焼き魚、焼きそば、味噌汁です!
自分の釣った魚をさばき、焼きそばや味噌汁の具材を切って夕食を完成させました。
自分たちで作った夕食を食べてみると、「すごく、美味しい!!」と大満足の子どもたちでした。

2日目は、9時から釣りをしました!
昨日と同じ筏で活動を行いました。
昨日の経験を活かし、深さを調整したりや餌のつけ方を取れないように丁寧に付けて魚釣りを行います。
「ここの深さにサバがくるよ」と、どの程度の深さにサバがいるのか分かるようになってきました。
深さを変えたり、1日目には、釣り上げることの出来なかった魚を釣ることが出来たお友達もいらっしゃいました。

今回の宿泊では、たくさん魚を釣り上げたり、サバの大群を見たり、大きなフグの姿を見たりして、大興奮でした。
次回の釣りクラブでも楽しく活動していきましょう。

池田・宮脇


【釣りクラブ】今回は三重県の阿曽浦で活動を行いました。[クラブ活動報告]

今回は三重県の阿曽浦で活動を行いました。
まず、それぞれのリール竿や、のべ竿の準備をしました。
1年生は、次に何の作業をするのかが分かってきている様子で、準備を早く行うことが出来るようになってきました。
上級生は、自分で準備をしっかりと行えるようになり、「次はサルカンを付ける!!」「針はこうやって付けるんだよ!」と1年生に対しても優しく準備を教えてくれています。

いざ、準備を整えて、釣りを開始!
今回の釣りでは、オキアミの付け方を再度確認しました。
オキアミを付けた時に、針が見えていたら、魚に逃げられてしまうから、針があまり見えないようにオキアミをつけることを意識しました。
正しい例を見せると、「ほんとだ!針が見えていない!!」と驚いた様子の子どもたち。
「これでどう?針見えてない??」「身がしっかりしたオキアミを付けるのがいいんだよね?」と確認し合いながら、釣りを行いました。

今回の釣りでは、サバやふぐ、ベラが釣れました。
また次回も、どのようにしたら魚が釣れるのか考えながら、楽しく釣りをしていきましょう!

池田・宮脇

【釣りクラブ】[クラブ活動報告]

今回の活動は三重県の方座浦で活動を行いました。
準備では、自分のことは自分でできるようにそれぞれで準備をしました。
釣りクラブの経験者は次の準備が何か、前回間違えたところで同じように間違えない等、自分たちで目標を持って取り組んでいきました。
また今年度から始めた子どもたちは、前回に比べ、次に何を準備するのかだんだんとわかるようになってきました。
最後まで自分で準備できるように今後も頑張っていきましょう。

準備が出来たら、釣りスタート!
入れてすぐに魚がヒット!他のお友達も魚を多く釣り上げようと頑張りました。
また、竿の糸がお友達と絡まないように「近づきすぎるとアカンで!」や「もっと下の方がいいよ!」とお友達に色々と教えている姿が多く見られ、子どもたちも楽しく活動しておりました。
活動中の前半に小雨が数分降りましたが、その後は雨も降らず、釣りが出来ました。
今回の魚は、「グレ」「スズメダイ」「ベラ」「ガシラ」「ネンブツダイ」「ふぐ」「アカハタ」が釣れました!
次回の釣りクラブでは、今回教えてもらったことや学んだことを活かして活動していきましょう!

池田・宮脇

【釣りクラブ】今回は三重県の方座浦にて……[クラブ活動報告]

今回は三重県の方座浦にて、釣りクラブを行いました。
まず、バスの中で、釣りクラブのルールである「自分のことは自分でする」「みんなのことはみんなでする」「大きな声を出さない」「ゴミは持ち帰る」の4つのルールを確認しました。
ルールを確認する際に、「なぜ、このルールを守らないといけないのか」についても確認しました。

到着してからは、1年生はのべ竿、2.3.4年生はリール竿の準備を始めました。
3.4年生は前回に比べ、準備のやり方がわかり、早く終えることが出来るようになってきました。
また、準備を終えた後に、1年生に「ここはこうやってするんだよ」と優しく教えてくれる姿も見られました。

いざ、釣りを開始すると、今回はたくさんの魚を釣り上げることが出来ました!!
「やったー!釣れた!!」と1年生も魚を釣ることができ、魚を釣る楽しさ・コツ・感覚を体感していきました。
また、たくさん魚を釣っているお友達に「どうやったらそんなに釣れるの?」と相談する子ども達。
「餌を綺麗に付けることと、深い所まで餌を下ろすことが大切だよ」と聞き、餌を綺麗に付けたり、なるべく深いところまで糸を下ろしたりして、たくさんの魚を釣ろうと頑張っていました。
今回は「グレ」「ネンブツダイ」「ベラ」「メバル」「ガシラ」等を釣ることが出来ました。

また、次回も魚を釣るコツや感覚を味わって活動をしていきましょう。

池田・宮脇

【釣りクラブ】三重県へ行きました。[クラブ活動報告]

今回の釣りクラブの活動は、三重県へ行きました。
新一年生も加わり、今年度初の釣りクラブです!
三重県に向かう時、「まだ着かへんの?」「早く釣りしたい!」とやりたい気持ちがどんどんと高まっている子どもたち。

釣り場に到着し、いざ釣りの準備です。
一年生は準備のやり方が分からず、先生と一緒に進めていきます。
「ここどうするかわからん」「次は何?」と悩む子どもたち。準備が終わった2,3,4年生に協力してもらいながら、自分の竿を準備していきました。
また2,3,4年生の子どもたちは、昨年度の準備を思い出しながら、準備に取り組んでいきます。
「ここは、こうやったっけ?」「次は・・・サルカン?」と昨年度の記憶を思い出しながら、準備を進めていきました。

釣りの準備が完了し、釣りへ!
1年生は初めての釣りクラブ。エサを付けて、魚が来るのを待ちます。
「全然来ない」「魚いるんかな?」と魚が釣れるのか心配になる子どもたち。
ジッと魚がエサに寄るのを待つと、魚がエサを引っ張る感覚や魚を釣り上げたり・・・
「釣れた!」「今、魚に引っ張られた!」と魚がいることに興奮し、早く沢山の魚を釣り上げようと頑張っていました。
今回、1年生は魚がエサを引っ張る感覚を味わい、楽しんで釣りを行っていました。
2,3,4年生は、釣りクラブでのマナーやルールを一年生に教えてくれたり、一つの場所に集まりすぎると糸が絡まってしまうことを教えてあげたりと今まで学んだことを1年生の教えてくれました。
今回の釣りクラブでは、基本的にサバが釣れ、他の魚はイワシやフグが釣れました。
次回の釣りクラブでは、今回学んだ準備や釣りクラブのマナー等を忘れずに、活動していきましょう!

池田・宮脇


【釣りクラブ】福井県で活動しました。[クラブ活動報告]

今回の釣りクラブの活動は、福井県で活動しました。
準備では、みんな早く準備が出来るようになってきて、教えたり重さをどうするのかお友だちで話し合ったりと協力して準備に取り掛かる姿が多く見られました。
「早く行きたい!」「早く準備しよ」と早く釣りをしたい気持ちもあり、テキパキと準備や使ったものの片付けをする子ども達。

いざ!釣りへ!
「ゴカイ」「イソメ」の虫の餌を使い、魚釣りをしていきました。
魚が引っ張る感じはあるものの、なかなか釣り上げることが出来ません。
ジッと堪えて魚が針にかかるのを待つ子ども達。ようやく魚がヒットするようになりましたが、今回は毒を持った魚が多く釣り上がりました。
しかし、毒を持った魚だけでなく、「クロダイ」「ハゼ」なども釣れた子ども達もおり、「どこにいたん?」「エサは何?」と話し合いながら、諦めずにどうすれば釣れるのか考えながら釣りを行っていました。

今回の活動で今年の釣りクラブは最後となります。
来年度も、今年度学んだことを忘れずに、自分の力で出来るように頑張っていきましょう

池田

【釣りクラブ】福井県の三方五湖で行いました。[クラブ活動報告]

今回の釣りクラブの活動は福井県の三方五湖で行いました。
八の字や仕掛け作り等上手く完成させる子どもたち。
できていないお友達の準備を手伝ったりと協力する姿が多くみられました。

準備が完了し、釣りを始める子どもたち。
エサはゴカイとイソメです。「動いてつけれへん!」「触れへん!」と苦戦していましたが、頑張ってエサをつけていました。
午前中は魚がなかなか寄って来ず、苦戦しておりましたが、お昼を食べ、気分を変え、午後から釣りを始めます。
だんだんと魚も竿に食いついてきて、徐々に魚を釣り上げる子が増えてきました。
「こっちすごく釣れる!」「こっちの方が魚寄ってるよ」とみんなで情報交換をしたりしている子どもたち。釣りクラブの終盤では、イシダイの群れも来て大興奮の子どもたちでした。

次回で今年度の釣りクラブ最終日です。
今まで学んだ事を活かして次回の釣りクラブの活動に取り組んでいきましょう!

池田・宮脇

【釣りクラブ】三重県の阿曽浦で活動を行いました。[クラブ活動報告]

今回は、三重県の阿曽浦で活動を行いました。
みんなで協力してバスの中の荷物をおろす子どもたち。荷物をおろしおえ、釣りの仕掛けを作っていきます。

仕掛け作りがだんだん早くなってきており、自分たちで次に何が必要なのかすぐにわかるようになってきました。
また、やり方を理解していることで仕掛けのやり方がわからないお友達にも「ここをこうすんねん」「次はこれ」と上手く説明できるようになってきました。
そして、準備を完成させていざ釣りへ!
筏まで漁師さんに船で送ってもらい、釣り場までいきました。

今回は釣りをする前に、オキアミの付け方を確認しました。
大きく、ぷりぷりとしっかり身がついているオキアミを選び、しっぽからつけ、針が隠れるようにオキアミを付けることが重要であることを確認しました。
オキアミをつける時も、「このオキアミはしっかりしてる!つぶれてない!」「どうやって付けるんやっけ?」「あ、しっぽから付けていくんだ!」というような子どもたちの様子も見られました。

釣りを開始すると、大きい魚が近くを泳いでいる姿を見て大興奮の子どもたち。
今回の釣りでは、サバ・真鯛・イシダイ・グレの4種類の魚が釣れました。
初めは当たりが少なかった様子でしたが、次第にサバが続々と釣り上がりました。
特に真鯛は20~30cmぐらいの大きさがあるものをお友達が釣り上げ、真鯛を見て子どもたちは「えーー、こんな大きな魚近くにいるの!?」と、とても驚いている様子でした。

次回も、オキアミの付け方を確認しながら、活動していきましょう!

池田・宮脇