稲垣バトントワリングクラブ

男の子も女の子もみんな集まれ!!
音楽に合わせることで、リズム感・芸術性・創造性を養い、集団の中での協調性と自己表現を身につけていくます!

バトントワリングのここに注目!!
 何と言っても特徴は「指」を使うこと。大脳と手の細胞は深くつながっているので、指をたくさん使えば使うほど、脳の神経細胞もたくさん働かせることになります。同時に細やかな運動をすることで集中力が身につき、学力向上にもつながる運動なのです!

活動日

水曜日

活動時間

16:00~17:00

顧問

TEAM21 稲垣 正司  講師 坂野 千海

クラブ員の声

「テレビでバトンを知って、クラブに入りたいと思いました。最初は上手く出来なかったけれど、今は色々な技が出来るようになったので、これからも練習を頑張りたいです。」
「なかなか成功しないけれど、難しい技に挑戦するのが楽しいです。」

バトントワラー 稲垣 正司

6歳でバトンを始める

5年生で世界選手権に出場して銅メダルを獲得する

世界選手権大会では合計22個の金メダルを獲得する

第25回世界選手権大会で前人未到の11連覇を達成

全日本選手権大会で19回のグランドチャンピオン

立命館大学在籍中、バトントワリング部を創部し、構成振付・指導も担う

3年目にしてマーチングバンドバトントワリング全国大会にてグランプリ・内閣総理大臣杯を獲得する

大学卒業後も監督として後輩指導にあたり、マーチングバトントワリング全国大会にて一昨年、昨年2年連続グランプリ・内閣総理大臣杯を獲得するに導く

「バトントワリング」のここに注目!

なんと言っても、特徴は「指」を使うこと。大脳と手の細胞は深くつながっているので、指をたくさん使えば使うほど、脳の神経細胞もたくさん働かせることになります。
同時に細やかな運動をすることで集中力が身につきます。
つまり、学力向上にもつながる運動なのです。また、たくさんの人の前で競技をするので、美に対する感性も磨かれ、姿勢がよくなります。

バトントワリングの技術習得を通じて健全な心と体を作り、社会生活に不可欠な、集団の中で協調性と自己表現力を自然に身に付けていく事を目的とします。
音楽に合わせてバトンをすることによりリズム感を養い、芸術性・創造性を育て、また発表する場を設けることにより、努力する事の大切さや達成感を身に付ける事ができます。

稲垣バトントワリングクラブの新着情報

>>稲垣バトントワリングクラブの新着情報を読む